So-net無料ブログ作成

EOS 6D MarkⅡで遊ぼう♪ (親指AF+ライブビュー撮影) [デジタルカメラ]

EOS 6D MarkⅡを購入するにあたり、最低限組み込んでほしかったものにデュアル

ピクセルCMOS AFがありました。

これがあるとライブビュー撮影のAF性能が格段に違います。

EOS 6D MarkⅡの評価をちょっとググってみると、ファインダー内のAFエリアが

狭いだの視野率が100%じゃないだの不満点も上がっているようですが、使いように

よっては、こんなこともできますよ。[ぴかぴか(新しい)]

追尾優先AF+AI SERVOを使うと、ライブビュー撮影で構図を自由に変えながら

目標としたポイントで常にピントを合わせながら撮影できます。

主な設定と動作は、

①ライブビューに切り替え

②追尾優先AFに設定

③AI SERVOに設定

④任意のAFポイントを選択(タッチパネル)

⑤AFスタートボタンを押し続ける(親指AF)

⑥シャッターを切る

です。

簡単な動作イメージはこんな感じ。

ちなみにAFポイントは任意のポイントを選択できます。

ごみ箱触ったら中央にAFポイント出たのでちょっとカッコいいかな~ってw


追尾優先AFだとデュアルピクセルCMOS AF 適応エリア内の狙いたいポイントを自動で

追尾してくれるところが最大の利点。[ぴかぴか(新しい)]

これを親指AFにすることで追尾しているポイントで常にピントが合い続けます。

もちろんシャッターボタン半押しでも良いんですが、絶対シャッター切っちゃうでしょうw

親指AFとは、シャッターボタンを半押しせずに、AFスタートボタンを親指で押しながら

AFを作動させることです。(背面 5.AFスタートボタンはここ)

もちろんAFエリア内の特定ポイントのみの追従も可能です。[ぴかぴか(新しい)]

確かにファインダーで視野率100%ないのも、AFエリアが狭いのも残念な点ではありますが、

実際に使ってしまえば、そんなことは気にならないと思いますよ。

バリアングル液晶にしている時点でライブビューに特化した遊べるフルサイズであることに

変わりはありません。(^o^)


いつもご来訪して頂き、ありがとう御座います。[るんるん]

タグ:EOS 6D MarkⅡ
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。